玉原高原『森の博物館 玉原』

ブログ

【スノーシュートレッキング】マザーツリー

ブナ平で一番太いブナのマザーツリーです。コースから外れた場所にあるので夏の時期はなかなか気が付きませんが、冬だとその大きさがわかります。

【玉原高原情報】ドローンによる空撮映像

森の中をドローンで撮影するのはなかなか大変ですが、葉のない冬は撮影のチャンス。
今シーズンの雪景色もこれで最後かも(^^;
(森林管理署届出済、航空法遵守)

【スノーシュートレッキング】樹々の造形美

夏には絶対踏み込めない森の中に、冬スノーシューで入ると不思議な姿の樹々に出会うことがあり、びっくりしたり何故そうなったのかあれこれ想いを巡らせたりします。負けずにガンバレ!と応援したくもなります。

【スノーシュートレッキング】冬芽

雪歩きの楽しみの一つが、冬積雪で1〜2m高い位置を歩いているので、普段見られない高木の枝などを間近でみることができることです。樹によって冬芽や枝振りには特徴があって、花も葉っぱのない木でも「これは何の木かな?」とクイズを考えながら観察するのは楽しいものです!

【スノーシュートレッキング】熊棚

冬もスノーシューでブナの森には入るのですが、更新をしばらく冬眠していました(^^;
昨年はブナが豊作だったためか幸いに熊の目撃情報はほとんどありませんでした。クマは冬ごもりに備えてブナやミズナラのどんぐりなどの堅果をたくさん食べますが、ミズナラより苦味やえぐみのないブナの実の方が好きなようです。

【2021年3月27日】鹿俣山スノーシュートレッキング


【2021年2月11日】スノーシュートレッキング