玉原高原『森の博物館 玉原』

ブログ

【2021年6月26日】玉原高原情報~湿原は花盛り

玉原湿原ではヒオウギアヤメやハクサンタイゲキが最盛期を迎えています。加えてツルコケモモやトキソウ、サワランも見られます。

【2021年6月20日】玉原高原情報~変形菌

梅雨のこの時期、玉原高原ではあちこちで変形菌(粘菌)が見られます。と、言っても大きさは数ミリメートル程度のものが多く、倒れた腐木の上でじっくり観察しないとなかなか見つけられません。しかし、その姿や色はバラエティに富んでいて変形菌に魅了される人も多いのです!

【2021年6月13日】玉原高原情報~ホオノキとトチノキの花

玉原高原でブナと共に観察できる高木として、ホオノキとトチノキがあります。葉っぱはよく似ているので、慣れないと区別し辛いのですが、この時期だけは花が咲くのですぐに判ります!

玉原湿原の一部にシカ防除ネットを設置しました。

沼田市、利根沼田森林管理署、利根沼田自然を愛する会の3者協力のもと、今年も玉原湿原の一部にシカ防除ネットを設置しました。
玉原高原でもニホンジカの増加に伴う食害が問題となっており、ミズバショウも例外ではありません。簡易的なネットではなかなか効果が得られないのですが、できる範囲で最善の策となります。
ネット設置は外観上は邪魔なものになりますが、玉原の自然を少しでも守るためにご理解をお願い致します。

【2021年5月30日】玉原高原情報〜開花情報

玉原高原では樹々の花々も開花し始め、紅紫色のムラサキヤシオツツジの花が目に鮮やかです。玉原湿原でもワタスゲが白い穂を出し始め、コバイケイソウやウラジロヨウラク、コヨウラクツツジ、ハクサンタイゲキなども蕾が大きくなっています。

【2021年5月29日】玉原高原情報〜新緑のブナの森

ブナの森は新緑に包まれ、ライム色の森の中を歩くと心地よくてこちらまで優しい気持ちになってきます。キビタキやコルリ、センダイムシクイ、カラ類の囀りと共に、エゾハルゼミの合唱も始まって森の中はとてもにぎやかです。

【2021年5月19日】玉原高原情報〜春の花が咲き始めました!

タムシバ(ニオイコブシ)やオオカメノキなど春を告げつ花々が開花しています。様々な樹々の芽吹きも始まりブナの森の中に精気が感じられます。