玉原高原『森の博物館 玉原』

ブログ

【2021年10月3日】玉原高原情報〜キノコいろいろ

いつもなら10月後半になって出てくるナメコが、今年は8月からポツポツみられてちょっと驚きましたがもう群落で出ていました。その他もいろいろなキノコが出ていますが、今回はナギナタタケとホコリタケをご紹介!

【2021年10月2日】玉原高原情報〜ブナ平散策

ここのところ気温の高い日が続いていることもあり紅葉があまり進んでいません。中には十分に紅葉しないうちに落葉している樹もみられます。その分緑が薄くなっていることと相まってブナの森の中は明るく感じられ、歩いているだけで開放感が感じられます。さらにこの時期あちこちに出ているキノコに、特に子供たちは強く惹かれるようでなかなか前に進みません!

【2021年9月25日】玉原高原情報~実りの秋

ブナの森は実りの季節。今年はツリバナやナナカマド、オオカメノキ、タムシバ、ツノハシバミなどが豊作のようで、秋雨の中でもいろいろ木の実が目に入ります♪
そして湿原も少し色付いてきました!

【2021年9月19日】玉原高原情報~鹿俣山

ブナ平から鹿俣山山頂を経由してペンション村へ降りてくる玉原ではロングコースの案内です。
標高1,637mの鹿俣山は、山と渓谷社の2019年版で新たに関東百名山に選定され、山頂からは谷川連峰から榛名山、赤城山などのパノラマが広がります。

【2021年8月8日】玉原高原情報~シャクジョウソウ

目立たないシャクジョウソウがひっそり咲いていました!

【2021年6月26日】玉原高原情報~湿原は花盛り

玉原湿原ではヒオウギアヤメやハクサンタイゲキが最盛期を迎えています。加えてツルコケモモやトキソウ、サワランも見られます。

【2021年6月20日】玉原高原情報~変形菌

梅雨のこの時期、玉原高原ではあちこちで変形菌(粘菌)が見られます。と、言っても大きさは数ミリメートル程度のものが多く、倒れた腐木の上でじっくり観察しないとなかなか見つけられません。しかし、その姿や色はバラエティに富んでいて変形菌に魅了される人も多いのです!