玉原高原『森の博物館 玉原』

ブログ

【2021年10月24日】玉原高原情報~紅葉の最盛期はもう少し先

例年であれば玉原高原は10月20日頃が紅葉の見頃なのですが、暖かい日が続いていたためか色付きが遅れています。ホオノキやトチノキは葉が茶色になってどんどん葉っぱを落としていますが、ブナやヤマモミジはまだ緑色が目立ちます。いつもは秋一番に真っ赤になるツタウルシは十分に紅葉しないままに葉が落ちてしまいました。ただ、ここのところの冷え込みで一気に紅葉が進むと予想され、11月初め頃がベストかもしれません。

ただし、11月入るとセンターハウスが閉鎖となり、トイレが使えないのでご注意下さい。中心広場と湿原入口のトイレは引き続き利用可能です。

【2021年10月23日】玉原高原情報~雪・みぞれ&強風

この時期としては滅多にない雪orみぞれに強風のバッドコンデェション。皆さん寒さに震えながらもブナ平を一周しました!寒いながらも好奇心旺盛の方たちばかりで、いろいら新鮮な驚きがあった様です。
この後の温泉♨️がさぞや身体に染みた事でしょう💦

【2021年10月9日】玉原高原情報~玉原湿原一周コース

少し草紅葉の気配がする玉原湿原一周コースを案内。ほとんど高低差がなく、次々と色んなものが観察出来るので、小さな子どもも飽きることなく歩き通すことができました!お母さんも一歳を抱っこして歩いて頑張りました👍 子供達の記憶に少しでも残れば嬉しいですね。

【2021年10月3日】玉原高原情報〜キノコいろいろ

いつもなら10月後半になって出てくるナメコが、今年は8月からポツポツみられてちょっと驚きましたがもう群落で出ていました。その他もいろいろなキノコが出ていますが、今回はナギナタタケとホコリタケをご紹介!

【2021年10月2日】玉原高原情報〜ブナ平散策

ここのところ気温の高い日が続いていることもあり紅葉があまり進んでいません。中には十分に紅葉しないうちに落葉している樹もみられます。その分緑が薄くなっていることと相まってブナの森の中は明るく感じられ、歩いているだけで開放感が感じられます。さらにこの時期あちこちに出ているキノコに、特に子供たちは強く惹かれるようでなかなか前に進みません!

【2021年9月19日】玉原高原情報~鹿俣山

ブナ平から鹿俣山山頂を経由してペンション村へ降りてくる玉原ではロングコースの案内です。
標高1,637mの鹿俣山は、山と渓谷社の2019年版で新たに関東百名山に選定され、山頂からは谷川連峰から榛名山、赤城山などのパノラマが広がります。

【2021年9月19日】玉原高原情報~ブナ平から玉原湿原

秋の気配が感じられる玉原高原。ブナ平から玉原湿原へ。そっと耳を澄ませて鳥の声や風の音を聞いたり、よい香りのする木の香りを嗅いだりと、晴天のブナの森をじっくりと散策しました。