玉原高原『森の博物館 玉原』

ブログ

【2020年11月上旬】玉原高原情報~冬木立~

玉原高原は落葉が進みあっという間に晩秋の佇まいになって来ました!
冬に備えて、湿原入口にある環境センターの雪囲いや看板のカバーかけを実施。
ブナの倒木には、晩秋によく見られるナメコ、ムキタケ、クリタケなどのキノコが見られます。
まだ根雪にはなっていませんが、積雪のあった散策路では、いろいろな動物たちのフィールドサインを確認できました。改めて私たちが動物たちのテリトリーにお邪魔しているのだということを実感させてくれます。

【2020年10月下旬】玉原高原情報~紅葉クライマックス

例年、玉原高原の紅葉は10月20日頃ですが、今年は一週間ほど遅れて紅葉のクライマックスとなっています。
きれいな紅葉の条件として、
 ①夏季の十分な日照
 ②秋に昼夜の寒暖の差が大きい
 ③適度な降雨
 ④台風などの強風が少ない
が挙げられますが、今年は①が不足したせいか赤みが少ない感じです。それでも、日当たりのよい湿原回りではカエデの仲間が赤く色付いています。
ドローンで上空から撮影すると、やはり背景に青空がある紅葉が一番映えます!

この投稿をInstagramで見る

<ブナの森「玉原高原」情報> 紅葉の玉原高原と玉原湿原のドローン空撮画像です。 1枚目は玉原湿原を北方向に俯瞰しています。手前の大きく見える湿原を一周するのが湿原小回りコース、奥の細長い湿原まで足を伸ばすのが湿原大回りコースとなります。 大回りコースではブナを間近で観察することが出来ます。山頂は見えていませんが、左側の稜線が尼ヶ禿山に続いています。奥に見えるのが新潟方面の山々になります。 2枚目は玉原高原を西方向に俯瞰した画像です。正面にスキー場のある鹿俣山、さらに向こうに武尊山が見通せます。湿原の左側にブナ平の一部が写っています。 玉原高原の大まかな構成と位置関係がお判りいただけたでしょうか! 詳しくは森の博物館 玉原の下記HPのコース案内をご覧くださいませ💦 【森の博物館 玉原】https://museum-tambara.com/ #玉原高原 #玉原湿原 #ブナ #ブナ林 #ブナの森 #自然散策 #森歩き #ネイチャーガイド #トレッキングツアー #ハイキング #ドローン空撮 #ドローン撮影 #空撮 #森の博物館玉原

森の博物館 玉原(@museum_tambara)がシェアした投稿 –

この投稿をInstagramで見る

<ブナの森「玉原高原」情報> 団体ツアーで玉原湿原一周コースを案内。湿原はベストの草紅葉。背景のブナの森も黄色く色づいたブナが青空に映えます。 小回り一周のショートコースでしたが、次はもっと時間をかけてブナの森をゆっくり見たいと嬉しい言葉をいただきました! 【森の博物館 玉原】https://museum-tambara.com/ #玉原高原 #玉原湿原 #ブナ #ブナ林 #ブナの森 #自然散策 #森歩き #ネイチャーガイド #トレッキングツアー #ハイキング #紅葉🍁 #草紅葉 #森の博物館玉原

森の博物館 玉原(@museum_tambara)がシェアした投稿 –

【2020年10月下旬】玉原高原情報

玉原湿原の草紅葉の色が次第に濃くなってきました。
咲いている花はさすがに少なくなり、トリカブトの花もそろそろ終わり、後はトネアザミやゴマナなどキク科の花が見られる程度です。一方で、ガマズミ・オオカメノキ・ナナカマド・コマユミ等の真っ赤な実、サワフタギの紺色の実が目につきます。
そして、実と言えばドングリ!今年はブナが不作であることもあり、ミズナラの樹であちこちに熊棚が見られます。駐車場から入ってすぐのミズナラにも一目でわかる熊棚があります。樹の下にはクマが折った太い枝が落ちています。また、きれいに半分になったドングリの皮も落ちていて、どうやってこんな器用に食べるのだろうと想像が膨らみます!

この投稿をInstagramで見る

<ブナの森「玉原高原」情報> 玉原高原ではあちこちのミズナラの樹に熊棚が出来ています。ツキノワグマがドングリを食べるために、枝を折ったり集めたりしたしたものです。 ミズナラの下には中身が綺麗に食べられたドングリの皮がたくさん落ちていました。熊がこんなに器用に中身だけ食べるとは驚きですね! 【森の博物館 玉原】https://museum-tambara.com/ #玉原高原 #玉原湿原 #ブナ #ブナ林 #ブナの森 #自然散策 #森歩き #ネイチャーガイド #トレッキングツアー #ハイキング #熊棚 #ツキノワグマ

森の博物館 玉原(@museum_tambara)がシェアした投稿 –

この投稿をInstagramで見る

<ブナの森「玉原高原」情報> ナギナタコウジュ(薙刀香需)。薙刀のように花が穂の一方向に付くシソ科の一年草。 香需とは、漢方の生薬名で、乾燥させたものを煎じて飲むと、利尿や発汗促進、感冒、暑気あたりなどにに効用があるそうです。 また、独特の香りがあり、昔の人は渋柿の渋抜きの時に香り付けとして水と一緒に漬け込んだと聞きました。この香り、好きという人と嫌いという人に別れますが、年配の方ほど好きという方が多いようです。さて、あなたは? 【森の博物館 玉原】https://museum-tambara.com/ #玉原高原 #玉原湿原 #ブナ #ブナ林 #ブナの森 #自然散策 #森歩き #ネイチャーガイド #トレッキングツアー #ハイキング #ナギナタコウジュ

森の博物館 玉原(@museum_tambara)がシェアした投稿 –

【2020年10月中旬】玉原高原情報

この時期ブナの森を歩くとついキノコ目になってしまいます。8・9月の天候が不順だったせいか、梅雨時や真夏に多いキノコも一緒に出ているように感じます。ただ、秋に出る優秀な食菌はまだまだ少ないようです。
鳥に実を食べてもらって種子を散布する戦略を取っている植物は、多くが赤い実を付けており、その多くは5mm~1cm程度の鳥が呑み込みやすい大きさになっています。

この投稿をInstagramで見る

<ブナの森「玉原高原」情報> 森の中で見つけると、つい嬉しくなってしまうルビーのように輝いているツルリンドウの実!風散布の朔果から、動物散布の液果に進化したリンドウです。しかし赤い実の中の白い部分はスカスカでほとんど味はしません💦いつのまにか実は無くなっているのですが、一体誰が食べているのか未だに謎です💦 【森の博物館 玉原】https://museum-tambara.com/ #玉原高原 #玉原湿原 #ブナ #ブナ林 #ブナの森 #自然散策 #森歩き #ネイチャーガイド #トレッキングツアー #ハイキング #ツルリンドウ

森の博物館 玉原(@museum_tambara)がシェアした投稿 –

この投稿をInstagramで見る

<ブナの森「玉原高原」情報> ブナ林でもよく見かける楚々とした純白の立ち姿が美しいドクツルタケ。英語名でデストロイングエンジェル(死の天使)と言われる猛毒のキノコです。毒性分はアマトキシン類やファロトキシン類で、特にアマトキシン類のなかのα-アマニチンは臓器不全を起こす猛毒で加熱しても分解されません。見かけても撮るだけにしておいて下さいね💦 【森の博物館 玉原】https://museum-tambara.com/ #玉原高原 #玉原湿原 #ブナ #ブナ林 #ブナの森 #自然散策 #森歩き #ネイチャーガイド #トレッキングツアー #ハイキング #ドクツルタケ

森の博物館 玉原(@museum_tambara)がシェアした投稿 –

【2020年10月上旬】玉原高原情報

ブログの方をなかなか更新できず申し訳ごめんなさい。玉原高原では確実に季節が進み、秋の花に加え木の実やキノコもあちこち見られます!
ドローンによる空撮映像もありますので、インスタグラム確認してみてください!


【2020年8月30日】玉原高原情報~秋の気配~

秋の花が咲きつつあると同時に木の実が多くなっています。
【開花情報】
<玉原湿原>ウメバチソウ、タムラソウ、ホツツジ、オクトリカブト、ハクバブシ、アキノキリンソウ
<その他の場所>キオン、ゴマナ、ハンゴンソウ、ミズタマソウ、ツリフネソウ、ノコンギク、サラシナショウマ、アキノギンリョウソウ

【2020年8月9日】玉原高原情報~湿原ではウメバチソウやエゾリンドウが身頃です~

玉原湿原ではコオニユリが終わり、ウメバチソウが身頃です。梅鉢とは一重の梅の花を正面から見た形を図案化したもので、花の形から名付けられました。雄しべがおおよそ一日に一本ずつ開いていくので、開花して何日位経っているかわかります。また、花茎を下にたどると、茎を抱くように一枚だけ丸い葉っぱがあって何だか風情があります。
この他、湿原ではエゾリンドウが、湿原周りではよく探せばシャクジョウソウも咲いています。また、森の中ではキノコの仲間もたくさん見られます!
【開花情報】
湿原:ウメバチソウ、エゾリンドウ、オゼミズギク、タチギボウシ、オトギリソウ、タムラソウ(蕾)、ホツツジ 他
湿原周り・ブナ平:ツリフネソウ、キツリフネ、オニルリソウ、ヨツバヒヨドリ、アカバナ、ヤブジラミ、キンミズヒキ、ヤマトウバナ、エゾシロネ、シャクジョウソウ、ヌスビトハギ、リョウブ、エゾアジサイ 他

この投稿をInstagramで見る

玉原高原開花情報など。 •湿原周りなどでシャクジョウソウが開花しています。葉緑素を待たない菌従属栄養植物ですが、なんとツツジ科に分類されています!名前は姿が修験時が持つ錫杖に似ていることから。 •樹の根元が何者か(恐らく黒い森の住人)に剥がされています。洞になった部分にハチなどの巣があったのでしょうか? •ホツツジ:雌しべが真っ直ぐに突き出すのが特徴! •湿原ではウメバチソウが咲き始めました。花茎に葉を1枚、花を1個付けるのですが、茎を抱く葉っぱが可愛いので是非よく観察してみて下さい。梅に似ている花が名の由来ですが、ほぼ1日に1本ずつ雄しべが開きます。(なのでこの花は開花後3日目?)ウメバチソウはなんと現在はニシキギ科に分類されています。 •テングノコヅチ:花が茎の先にだけ付き、他の植物に絡まず地を這うのがツルリンドウとちょっと違うところ。 •湿原に見られるエゾリンドウ 玉原高原【森の博物館玉原】https://museum-tambara.com/ #玉原高原 #玉原湿原 #ネイチャーガイド #ブナ #ハイキング #トレッキングツアー #シャクジョウソウ #ホツツジ #ウメバチソウ #エゾリンドウ

森の博物館 玉原(@museum_tambara)がシェアした投稿 –

この投稿をInstagramで見る

玉原高原のブナ林では、一気にいろいろなキノコが出て来ました。形も色もバラエティに富んでいて面白い❗️間違いがあればご指摘下さい。 ①ミヤマヌメリコウジタケ? ②ベニナギナタタケ ③チチタケ ④ムラサキホウキタケ ⑤ドクベニタケ?>類似種が多く完全には同定できません💦 ⑥ツルタケ ⑦ドクヤマドリ?>ヤマドリタケモドキとはちょっと違います。ドクヤマドリは針葉樹帯に出ると言われるが💦 ⑧モミジタケ ⑨番外編 ススホコリ・・・変形菌です! 玉原高原【森の博物館玉原】https://museum-tambara.com/ #玉原高原 #玉原湿原 #ネイチャーガイド #ブナ #ハイキング #トレッキングツアー #チチタケ #ベニナギナタタケ #ツルタケ #ムラサキホウキタケ

森の博物館 玉原(@museum_tambara)がシェアした投稿 –