玉原高原『森の博物館 玉原』

ブログ

【2020年10月下旬】玉原高原情報~紅葉クライマックス

例年、玉原高原の紅葉は10月20日頃ですが、今年は一週間ほど遅れて紅葉のクライマックスとなっています。
きれいな紅葉の条件として、
 ①夏季の十分な日照
 ②秋に昼夜の寒暖の差が大きい
 ③適度な降雨
 ④台風などの強風が少ない
が挙げられますが、今年は①が不足したせいか赤みが少ない感じです。それでも、日当たりのよい湿原回りではカエデの仲間が赤く色付いています。
ドローンで上空から撮影すると、やはり背景に青空がある紅葉が一番映えます!

この投稿をInstagramで見る

<ブナの森「玉原高原」情報> 紅葉の玉原高原と玉原湿原のドローン空撮画像です。 1枚目は玉原湿原を北方向に俯瞰しています。手前の大きく見える湿原を一周するのが湿原小回りコース、奥の細長い湿原まで足を伸ばすのが湿原大回りコースとなります。 大回りコースではブナを間近で観察することが出来ます。山頂は見えていませんが、左側の稜線が尼ヶ禿山に続いています。奥に見えるのが新潟方面の山々になります。 2枚目は玉原高原を西方向に俯瞰した画像です。正面にスキー場のある鹿俣山、さらに向こうに武尊山が見通せます。湿原の左側にブナ平の一部が写っています。 玉原高原の大まかな構成と位置関係がお判りいただけたでしょうか! 詳しくは森の博物館 玉原の下記HPのコース案内をご覧くださいませ💦 【森の博物館 玉原】https://museum-tambara.com/ #玉原高原 #玉原湿原 #ブナ #ブナ林 #ブナの森 #自然散策 #森歩き #ネイチャーガイド #トレッキングツアー #ハイキング #ドローン空撮 #ドローン撮影 #空撮 #森の博物館玉原

森の博物館 玉原(@museum_tambara)がシェアした投稿 –

この投稿をInstagramで見る

<ブナの森「玉原高原」情報> 団体ツアーで玉原湿原一周コースを案内。湿原はベストの草紅葉。背景のブナの森も黄色く色づいたブナが青空に映えます。 小回り一周のショートコースでしたが、次はもっと時間をかけてブナの森をゆっくり見たいと嬉しい言葉をいただきました! 【森の博物館 玉原】https://museum-tambara.com/ #玉原高原 #玉原湿原 #ブナ #ブナ林 #ブナの森 #自然散策 #森歩き #ネイチャーガイド #トレッキングツアー #ハイキング #紅葉🍁 #草紅葉 #森の博物館玉原

森の博物館 玉原(@museum_tambara)がシェアした投稿 –

【2020年10月下旬】玉原高原情報

玉原湿原の草紅葉の色が次第に濃くなってきました。
咲いている花はさすがに少なくなり、トリカブトの花もそろそろ終わり、後はトネアザミやゴマナなどキク科の花が見られる程度です。一方で、ガマズミ・オオカメノキ・ナナカマド・コマユミ等の真っ赤な実、サワフタギの紺色の実が目につきます。
そして、実と言えばドングリ!今年はブナが不作であることもあり、ミズナラの樹であちこちに熊棚が見られます。駐車場から入ってすぐのミズナラにも一目でわかる熊棚があります。樹の下にはクマが折った太い枝が落ちています。また、きれいに半分になったドングリの皮も落ちていて、どうやってこんな器用に食べるのだろうと想像が膨らみます!

この投稿をInstagramで見る

<ブナの森「玉原高原」情報> 玉原高原ではあちこちのミズナラの樹に熊棚が出来ています。ツキノワグマがドングリを食べるために、枝を折ったり集めたりしたしたものです。 ミズナラの下には中身が綺麗に食べられたドングリの皮がたくさん落ちていました。熊がこんなに器用に中身だけ食べるとは驚きですね! 【森の博物館 玉原】https://museum-tambara.com/ #玉原高原 #玉原湿原 #ブナ #ブナ林 #ブナの森 #自然散策 #森歩き #ネイチャーガイド #トレッキングツアー #ハイキング #熊棚 #ツキノワグマ

森の博物館 玉原(@museum_tambara)がシェアした投稿 –

この投稿をInstagramで見る

<ブナの森「玉原高原」情報> ナギナタコウジュ(薙刀香需)。薙刀のように花が穂の一方向に付くシソ科の一年草。 香需とは、漢方の生薬名で、乾燥させたものを煎じて飲むと、利尿や発汗促進、感冒、暑気あたりなどにに効用があるそうです。 また、独特の香りがあり、昔の人は渋柿の渋抜きの時に香り付けとして水と一緒に漬け込んだと聞きました。この香り、好きという人と嫌いという人に別れますが、年配の方ほど好きという方が多いようです。さて、あなたは? 【森の博物館 玉原】https://museum-tambara.com/ #玉原高原 #玉原湿原 #ブナ #ブナ林 #ブナの森 #自然散策 #森歩き #ネイチャーガイド #トレッキングツアー #ハイキング #ナギナタコウジュ

森の博物館 玉原(@museum_tambara)がシェアした投稿 –

【2020年10月中旬】玉原高原情報

この時期ブナの森を歩くとついキノコ目になってしまいます。8・9月の天候が不順だったせいか、梅雨時や真夏に多いキノコも一緒に出ているように感じます。ただ、秋に出る優秀な食菌はまだまだ少ないようです。
鳥に実を食べてもらって種子を散布する戦略を取っている植物は、多くが赤い実を付けており、その多くは5mm~1cm程度の鳥が呑み込みやすい大きさになっています。

この投稿をInstagramで見る

<ブナの森「玉原高原」情報> 森の中で見つけると、つい嬉しくなってしまうルビーのように輝いているツルリンドウの実!風散布の朔果から、動物散布の液果に進化したリンドウです。しかし赤い実の中の白い部分はスカスカでほとんど味はしません💦いつのまにか実は無くなっているのですが、一体誰が食べているのか未だに謎です💦 【森の博物館 玉原】https://museum-tambara.com/ #玉原高原 #玉原湿原 #ブナ #ブナ林 #ブナの森 #自然散策 #森歩き #ネイチャーガイド #トレッキングツアー #ハイキング #ツルリンドウ

森の博物館 玉原(@museum_tambara)がシェアした投稿 –

この投稿をInstagramで見る

<ブナの森「玉原高原」情報> ブナ林でもよく見かける楚々とした純白の立ち姿が美しいドクツルタケ。英語名でデストロイングエンジェル(死の天使)と言われる猛毒のキノコです。毒性分はアマトキシン類やファロトキシン類で、特にアマトキシン類のなかのα-アマニチンは臓器不全を起こす猛毒で加熱しても分解されません。見かけても撮るだけにしておいて下さいね💦 【森の博物館 玉原】https://museum-tambara.com/ #玉原高原 #玉原湿原 #ブナ #ブナ林 #ブナの森 #自然散策 #森歩き #ネイチャーガイド #トレッキングツアー #ハイキング #ドクツルタケ

森の博物館 玉原(@museum_tambara)がシェアした投稿 –

【2020年8月30日】玉原高原情報~秋の気配~

秋の花が咲きつつあると同時に木の実が多くなっています。
【開花情報】
<玉原湿原>ウメバチソウ、タムラソウ、ホツツジ、オクトリカブト、ハクバブシ、アキノキリンソウ
<その他の場所>キオン、ゴマナ、ハンゴンソウ、ミズタマソウ、ツリフネソウ、ノコンギク、サラシナショウマ、アキノギンリョウソウ

【2020年8月1日】玉原高原情報~夏の花々が開花しています~

ようやく梅雨が明け、久しぶりに青空を見たような気がします。玉原高原、玉原湿原でも夏の花が次々に開花し、チョウやトンボ、ハナバチ達が盛んに花を訪れて吸密しています。
【開花情報】
<湿原>コオニユリ、タチギボウシ、モウセンゴケ、ミズギク、ウメバチソウ、オトギリソウ、ホツツジ
<森林周辺>オオウバユリ、ヨツバヒヨドリ、ツリフネソウ、キツリフネ、キンミズヒキ、イケマ、シラネセンキュウ、キツネノボタン、トリアシショウマ、オニルリソウ、タニタデ、ウド、エゾアジサイ、リョウブ、ノリウツギ

この投稿をInstagramで見る

玉原湿原編❗️ •モウセンゴケ:先端から甘い香りのする粘液を出して虫をおびき寄せる食虫植物。名前にコケとありますがれっきとした種子植物です。 •コオニユリ:にゅ〜と突き出した雄しべは蝶に花粉を運ばせる作戦! •ミズギクとトウギボウシ:オオバギボウシの日本海型バージョン •オオカメノキ:日当たりがよい湿原ではもう見が赤くなっています。 •ホツツジ:雌しべが長く突き出る特徴的な話。有毒で、これは花粉にも含まれ、蜂蜜に混入すると食中毒を引き起こすこともあるとか! 玉原高原【森の博物館玉原】https://museum-tambara.com/ #玉原高原 #玉原湿原 #ネイチャーガイド #ブナ #ハイキング #トレッキングツアー #モウセンゴケ #コオニユリ #ホツツジ

森の博物館 玉原(@museum_tambara)がシェアした投稿 –

この投稿をInstagramで見る

湿原周辺編。ようやく梅雨が上がって調整池の湖面には久し振りの青空が映っています。 •ドクベニタケ:ブナと共生関係にある菌根菌のきのこ。土の中で菌糸が樹の根っこに繋がっています。 •ヨツバヒヨドリを吸蜜するイカリモンガ •同じくヨツバヒヨドリに来たウラギンヒョウモン •オオウバユリ:なかなか存在感のある佇まいですが、花の色が緑白色と目立たず、花弁もこれ以上開かす筒状のままのためか人間には人気が無いようです。ただし、北海道では昔から鱗茎が貴重な食物とされてきたとのこと。 •ツリフネソウ:長くクルッとまいた距の部分に蜜が溜まっていて、花に潜り込むのが得意なマルハナバチなどに花粉を運んでもらう作戦をとっている! •キツリフネ:同じようなツリフネソウと並んで咲いていたりと、どう住み分けしているのかが不思議。色の他に距の形が巻かずに垂れるのがツリフネソウと違うところ。 玉原高原【森の博物館玉原】https://museum-tambara.com/ #玉原高原 #ネイチャーガイド #ブナ #ハイキング #トレッキングツアー #ドクベニタケ #ヨツバヒヨドリ #オオウバユリ #ツリフネソウ #キツリフネ #イカリモンガ #ウラギンヒョウモン

森の博物館 玉原(@museum_tambara)がシェアした投稿 –

この投稿をInstagramで見る

玉原湿原では咲き始めたホツツジに、多くのマルハナバチが訪れて吸蜜していました。マルハナバチはミツバチ科に属し、ミツバチ同様社会生活を行う、花粉を運び受粉を助けてくれる花のパートナー。画像はオオマルハナバチだと思いますが、種類によって訪れる花も決まっているとも言われ、生態系の中でとても大切な役割を果たしています。 玉原高原【森の博物館玉原】https://museum-tambara.com/ #玉原高原 #玉原湿原 #ネイチャーガイド #ハイキング #トレッキングツアー #マルハナバチ #ホツツジ

森の博物館 玉原(@museum_tambara)がシェアした投稿 –

【2020年7月12日】玉原高原情報~エゾアジサイやコオニユリが開花~

玉原高原では散策ルート沿いにエゾアジサイが咲き始め、足元ではマルバフユイチゴやアリドオシランの白い花が見られます。玉原湿原ではコオニユリが開花し始めています。
この日は渡りをする蝶であるアサギマダラの姿も確認しました。もしかしてと思い、食草であるイケマの葉を丹念に探したところ幼虫と卵も発見!!
また、森の中ではここのところの雨で、ウスヒラタケなど多くのきのこがニョキニョキと出ていました。きのことの出会いもトレッキングのワクワクの一つですね!
【開花情報】
エゾアジサイ、リョウブ、ミヤマイボタ、ウメガサソウ、ツルアリドオシ、マルバフユイチゴ、アリドオシラン、コオニユリ、キンコウカ、ミズチドリ 他

インスタグラムで画像もご覧ください。

この投稿をInstagramで見る

玉原高原・ブナ平は歩いてるうちに晴れ間も見え、高木の樹間からパラパラと水滴が降り注ぐ清涼で幻想的な雰囲気が最高です。 林縁のつる植物イケマにはアサギマダラの幼虫と卵も発見!森の中ではあちこちでキノコがにょきにょきと出ています。(写真はウスヒラタケ、キララタケ、ホウライタケの仲間) ギンリョウソウはすっかり目玉おやじ風の実になり、ジンチョウゲ科のカラスシキミは艶々とした明るいオレンジ色の実(有毒)を付けています。 花では、エゾアジサイが開きはじめ、足元ではマルバフユイチゴ、ツルアリドオシやアリドオシランの白い花が見られます。 サワグルミの太い幹の樹皮が大胆に剥がされているのにはびっくり。爪や歯の跡が残されていて、こんなことができるのは黒い森の住人のアイツしかいません💦 玉原高原【森の博物館玉原】https://museum-tambara.com/ #ネイチャーガイド #玉原高原 #玉原湿原 #ブナ #ハイキング #トレッキングツアー #自然散策 #アサギマダラ #皮剥 #ツキノワグマ #エゾアジサイ #ウスヒラタケ #フユイチゴ #ツルアリドオシ

森の博物館 玉原(@museum_tambara)がシェアした投稿 –

【2020年6月30日】玉原高原情報~湿原ではキンコウカが咲き始めました~

玉原湿原ではキンコウカが咲き始めました。林縁ではツルアジサイが満開です。
玉原湿原では、ニホンジカによるミズバショウの葉の食害を防止するために、部分的にシカ防除ネットを設置しています。食害に会うとミズバショウは養分を蓄えることが出来ず、年を追うごとにミズバショウの苞が小さくなっているのです。景観は損なわれますが、どうぞご理解下さい。
【開花情報】キンコウカ、ヒオウギアヤメ、トキソウ、コバイケイソウ、ミズチドリ、ツルアジサイ、ミヤマイボタ 他

インスタグラムの画像をご覧ください。

この投稿をInstagramで見る

玉原湿原ではキンコウカが目立ち始めました。林縁ではツルアジサイが満開です。 玉原湿原では、ニホンジカによるミズバショウの葉の食害を防止するために、部分的にシカ防除ネットを設置しています。ミズバショウは養分を蓄えることが出来ず、年を追うごとにミズバショウの苞が小さくなっているのです。景観は損なわれますが、ご理解下さい。 玉原高原【森の博物館玉原】https://museum-tambara.com/ #ネイチャーガイド #玉原高原 #玉原湿原 #ブナ #ハイキング #トレッキングツアー #キンコウカ #ツルアジサイ #ニホンジカ #食害

森の博物館 玉原(@museum_tambara)がシェアした投稿 –