玉原高原『森の博物館 玉原』

ブログ

【2021年2月28日】スノーシュートレッキング

玉原高原の積雪はブナ平で2m弱位でしょうか。青空を背景に無風で心地良い雪歩き。夏より高い所を歩いているので、普通は観察できないような高い所にある冬芽などもじっくり観察できます。ウサギ、テン、タヌキ、リス、ネズミなどの足跡や食痕を探してアニマルトラッキング。ブナの冬芽には花芽も多く、今年の秋には2年振りにブナの実がたくさん見られるかもしれません!

【2021年2月11日】スノーシュートレッキング

【2021年1月31日】スノーシュートレッキング

【2021年1月10日】~初スノートレッキング~

2021年の初玉原入りはスノートレッキング!昨年末より積雪量は増えておらず約1メートル。マイナス10℃近い気温でしたが、幸いほとんど風がなく、雪も軽くて適度に締まっており歩くのが楽しくみんなご機嫌です(^^)/
スキー場に車を止め、入山届を出してキッズガーデンからブナ平へ、さらに尾根沿いを湿原に降りて、中心広場を横切って駐車場に変えるコースでした。

【2020年12月27日】玉原高原情報~ラストウォーク~

2020年のラストウォーク、かつ今シーズンの初スノーシューでスノートレッキングです。先日の大雪で一気に積雪が増え、自然環境センター前で約cm110cmの積雪量でした。センターハウスへの道路は雪で埋まっているため、スキー場に車を止め、中心広場~玉原湿原の往復コースで雪歩きです。
この日は晴天&無風で雪も少し締まってきて深くは沈み込まず、スノートレッキングには最適のコンディションでした。テンやキツネの足跡をたどったり、雪で手が届くようになったヤドリギの実を試食してみたり!

【2020年11月29日】玉原高原情報~小春日和~

玉原高原は、手前のスキー場へのカーブで車止めが設置され、車がセンターハウスまで入れません。ただこの日は小春日和で風もなく、調整池ではブナ平やカラマツ林が鑑の様な湖面に映って素敵な風景を見せてくれました。
また、この日は玉原高原では初見の変形菌「キララホコリ」を発見。仲間から歓声の声が上がりました!

【2020年11月上旬】玉原高原情報~冬木立~

玉原高原は落葉が進みあっという間に晩秋の佇まいになって来ました!
冬に備えて、湿原入口にある環境センターの雪囲いや看板のカバーかけを実施。
ブナの倒木には、晩秋によく見られるナメコ、ムキタケ、クリタケなどのキノコが見られます。
まだ根雪にはなっていませんが、積雪のあった散策路では、いろいろな動物たちのフィールドサインを確認できました。改めて私たちが動物たちのテリトリーにお邪魔しているのだということを実感させてくれます。